生まれました。退院しました。

5 月 14th, 2010

5月8日(土)
夕方から、なんとなくお腹の様子がいつもと違う。
今晩本陣痛がくるかもと、寝られるうちに寝てしまうことに。
両実家にそのことを報告し、10時ごろ就寝。

e885b9

5月9日(日)
朝におしるし。
ときどき、お腹がズキッとする。
今日生まれるかも、と家の中をお掃除。
洗える限りのものを洗濯。
美容院に行って、前髪を切る。
一通り済ませ、庭で水遣りその他、できる限りのことをする。
実家の母から、様子伺いの電話がひっきりなしに来る。
夕方、生まれる気配がなくなる(爆
その日も寝られるうちに寝てしまう。

e382afe383bce38395e382a1e383b3e3819de38281e5ad90

5月10日(月)
夜中の2時、出血に気づいて目覚める。
目が覚めてから、お腹が痛くなってくる。
ダンナ様をメールで起こす。
間隔図ると・・・10分に3回。
病院に連絡し、家を出る。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

踏ん張ること11時間。
5月10日13時23分
2900g 男の子発生。

はじめに見た印象。赤子のときの私がいる・・・。
(その後赤子を見た両親は、そろってワタシにそっくりと言っていた)

出産直後は元気だったものの、子宮の収縮が悪いとかで、
分娩台でお腹を絞られ、元気も一緒に絞られる。
赤子はどこかで泣いていた。

5月11日(月)
昼過ぎに赤子がワタシの病室にやってくる。
初抱っこ。初授乳。初オムツ換え。
その後、夜まで泣き続けるので困惑する。

 

それから。

出産直後は元気がなかったものの、数日たって、
少し正気になってくると、家に帰りたくなり、
15日まで入院の日程を14日に脱出することに成功。
ただし赤子は黄疸のため、病院に居残り。
最近元気がないらしいそめ子と、感動の再会を果たす。
だけどそめ子は冷たかった(i_i)

5/17 記