ハス池を作ろう 5.水の確保

4月 18th, 2021

水源もないのに蓮池を作ろうと思いついたワタシ。

※脇の用水路は水来てません。

最初は水道水のつもりでしたが、…モッタイナイ。

ホームセンターにてビニルシート入手。軽トラプールにも使えるやつです。

あとは100均の漏斗。庭で使っているホース適量。庭に余っていた40㎝あぜ板4枚。

そして思い切って雨どい2か所カット。まぁこんな感じです↓

1.雨どい→プランター→バケツ

2.雨どい→漏斗→ホース→さまざまなガラクタで上手いこと高低差つける→ビニールプール

雨が降り始めてからこのピタゴラ装置を作りました。水が流れてないと確認できない(^^;

雨どいは、用が済んだら元に戻してガムテープ巻いておくつもりです♪

ハス池を作ろう 4.水漏れ対策

4月 18th, 2021

考えた末、今回はあぜ板4枚分の池にすることに決めました。

足りなければ、今後もう1つ2つ池を作ればよいのです。

水代がもったいなくて後悔したくないので、水漏れ対策をば。

ボルト用に開いた穴にバスボンド。数年前に買ったものがようやく役に立ちました。ちょうどよく黒。使用後画像はグレー。

あぜ板のつなぎ目にはシリコンとガン。トータル500円くらい。つなぎ目4か所 裏表塗って、ちょうど1本使い切りました。屋外でどれくらい持つかは不明です。

シリコンが乾いてから、池と池の周りを埋め戻し。

10歳息子が活躍してくれました。

下は土のままで、特に防水シートはしいていません。どうせハスの芽が破っちゃうから。

ハス池を作ろう 3.用土の確保 

4月 18th, 2021

今更ですが、ハス池の主な材料はあぜ板と田土と水です。

どこかで田んぼの土が軽トラ1台分くらい手に入らないかなぁと探しましたが、見つからなかったので、地下から掘り出すことにしました。

ココ、ナイス荒れ地は、大昔田んぼだった上に、砂と赤土と瓦礫が年代順に層になっていました。去年、ユンボで赤土と瓦礫をほぐしましたが、その下は手つかずのままでした。

要するに、地表の土を1mどかせばよいのです♪

ユンボは返したので手作業です。基本砂地なのでサクサク掘れました。

泥の層を30㎝くらい掘り起こし、ブルーシートの上に保管。

今は地下水位が低いらしく、1.3m掘っても水は出ませんでした。

50㎝まで埋め戻し。子供らに踏み固め作業を依頼。

しかしあっという間にいなくなる…。

ハス池を作ろう 2

4月 18th, 2021

畔板4枚分のサイズの穴を掘ったのはいいものの、

板もまだまだあるし、もう少し大きい池にしてみようかなと悪い考えが浮かぶ。

120×5の長さの荒縄を輪っかにして、大体の掘る場所を決めました。

印に合わせて穴を広げました。水代がもったいなくて後悔するフラグ…。

一応水平かどうかも注意してます。

ハス池を作ろう 1.場所決め

4月 18th, 2021

なんだか急に花ハスを地植えしてみたくなりました。

ネットで検索→あぜ板を使って池をつくった和尚さん発見。

ちょうど60cm幅のあぜ板が余っていたので、今空いている場所にさっそく穴を掘りました。

一度ユンボで耕したので、スコップでサクサク掘れました。

とりあえず、長さ120㎝×4枚分の穴

女子2人がお手伝いしてくれました。右利き娘と左利き3号。

ボルトを外して、4枚つなげた畔板です。